植毛を行った後のメンテナンスが不要なケースがある?

植毛を行った後のメンテナンスが不要なケースがある?

植毛をしたとしても、人工毛の場合はメンテナンスをする必要があります。人工毛植毛は安いと言われているものの、手術にはそれなりに費用がかかりますし、メンテナンスをするのにもお金がかかります。

 

疑問質問

 

そのため、費用面で考えると他の薄毛対策法が良いように思えますが、実はメンテナンスが不要なケースがあるのです。

 

メンテナンスをしなくても良い植毛とは?

 

メンテナンスが不要な植毛は、自分の髪の毛を移植する自毛植毛です。人工毛植毛と自毛植毛の大きな違いは、毛包があるかないかということです。

 

人工毛には毛包がないので、例え定着したとしても髪が成長することはありませんし、時間が経てば根元が劣化して抜け落ちてしまいます。

 

もちろん、植毛した人工毛すべてが抜けるわけではありませんが、抜けてしまった部分を補わないと不自然になります。そのためメンテナンスを行わないと、広範囲の植毛をやり直さなくてはいけなくなってしまうのです。

 

特に人工毛は、免疫機能の働きによって拒否反応が出やすいため、定着率も悪く抜けやすいのでメンテナンスは必須なのですね。自毛であれば毛包ごと移植しますから、定着すれば他の髪の毛と同じように成長します。

 

また、自分の髪ですから拒否反応によるトラブルも滅多にないので、基本的にメンテナンスは必要ないのです。

 

ただ、自毛植毛であっても、手術の方法によっては一定期間のメンテナンスが必要になります。これはメスを使って行うFUT法という植毛で、頭皮にメスを入れるので抜糸をしたり、炎症などが起こったら治療しなくてはいけません。

 

人工毛植毛のようなメンテナンスはほぼ必要ありませんが、それでも通院しなくてはいけないので、この手間も省きたいという方はFUE法などメスを使わない手術を選ぶといいでしょう。

 

育毛剤や育毛シャンプーを使った薄毛対策は、髪が生えたら終わりではなく継続しなくてはいけません。また、手軽にできる増毛も定期的なメンテナンスが必要です。

 

しかし自毛植毛なら種類によってメンテナンスをする必要はないので、忙しかったり面倒くさがりという方は検討してみるといいですね。

M字O字ハゲの植毛費用